• 創業昭和54年 実印の店 上東印房
  • 「ホームページ見た」で10%OFF TEL FAX: 082-923-5869

実印・銀行印・認印

  • ホーム
  • 店主のこだわり・経歴
  • 実印・銀行員・認印
  • 会社設立登記印
  • ご購入までの流れ
  • アクセス

上東印房 Top >> 実印・銀行員・認印

Contents

Top

店主のこだわり・経歴

実印・銀行員・認印

会社設立登記印

購入までの流れ

アクセス

アクセス

実印・銀行印・認印

市区町村役場に届け出ること(印鑑登録)により、印鑑証明書の交付を受けることができるようになっている印鑑の事を言います。
主に、自動車を買ったり売ったりするとき(自動車ローン)、 金融機関からお金を借りるとき(住宅ローン)、土地などの不動産を売ったり買ったりするとき、その他、重要な手続きや契約書に必要な印鑑です。 印鑑のサイズは以下をおすすめ致します。
男性15ミリ〜16.5ミリ
女性15ミリ(姓または名だけの場合は13.5ミリ)
 
「銀行取引印」や「銀行届出印」とも呼ばれ、
銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などの金融機関で口座開設などを行うときに捺印する印鑑の事を言います。
銀行の預金口座開設や引き出しから郵便貯金・小切手・手形の作成・受け取りなど金融機関で用いる印鑑だけに、実印と同じように慎重に取り扱わなければならない印鑑です。
印鑑のサイズは以下をおすすめ致します。
男性13.5ミリ
女性12ミリ
 
認印
一般に申し込みや受け取りなどの証明用として用いられる印鑑の事を言います。姓(苗字)のみが彫られた既製品が多く、
三文判とも呼ばれています。
印鑑のサイズは以下をおすすめ致します。
男性・女性12ミリ
 
吉相印
印章は一生物
印は、持ち主の運命を暗示します。軟質で欠けやすいもの、目が粗く、くるいの出やすいもの、色にムラのあるものなどは、印相上おすすめできません。硬さ、耐久性に優れ、光沢のある上等な印材を使ってこそ吉印と言えるのです。
印材のサイズと印材
印の形は、正円形(丸)が吉相で、未来に向っての発展性を象徴します。円印を用いることが印相の第一条件と言えるでしょう。
大きさは吉数とされる3と5をもちいたサイズが特に良いとされ、直径21ミリより大きいものは良くありません。
幸せへの祈りを込めた字体
印鑑の字体は、印章文字の正法とされる、篆書を印面に屈伸自在に配文できるようにされた印相体を用います。
楷書や行書、草書などの”くずし字”は凶相です。彫り方としては、縦彫りは成功と発展、横彫りは調和と安定を示す相で吉相。
斜め彫りは凶相です。 認印、銀行印は「姓」を、実印は、男性は「姓名」、女性は「名」を彫るのが通例ですが姓名鑑定上から地画と総画の画数を調べ、 名前との調和を鑑定して彫り方を決めます。 男性でも名前の画数が特に良い場合は、「名」のみを彫る方が良いということもあるわけです。
男性:15ミリ
女性:13.5ミリ
 

即日仕上げ! 実印の店 上東印房 TEL 082-923-5869 営業時間9:00〜19:00 定休日:日曜・祝日